ここから本文です

<こち亀>「おそ松さん」「ガルパン」と異色コラボ 豪華小説集が登場

まんたんウェブ 7月25日(月)11時0分配信

 人気マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が人気アニメや小説、ライトノベルとコラボレートした小説集「VS.(バーサス)こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所ノベライズアンソロジー」が発売されることが分かった。小説集は連載40周年とコミックス200巻発売を記念し、人気アニメ「おそ松さん」や「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」をはじめ、「魔術士オーフェン」「チア男子!!」「ハルチカ」「謎解きはディナーのあとで」とコラボ。9月17日に発売される。

【写真特集】「おそ松さん」×「こち亀」 びっくりなビジュアルも公開

 「おそ松さん」とのコラボでは、石原宙さんが小説、アニメのキャラクターデザインを手がける浅野直之さんがイラストを手がけ、六つ子と“不良警官”が出会った時に起こる“奇跡”が描かれる。「ガルパン」のコラボは岡田邦彦さんが小説、アニメのキャラクターデザインを手がける杉本功さんがイラストを手がけ、大洗女子学園と両さんが戦車で対決する。

 ほかのコラボでは、「チア男子!!」は朝井リョウさん、「ハルチカ」は初野晴さん、「魔術士オーフェン」は秋田禎信さん、「謎解きはディナーのあとで」は東川篤哉さんが小説を手がけ、各作品の作者が「こち亀」の世界を描く。8月1日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)35号から毎週、小説の試し読み企画もスタートする。

 「こち亀」は、東京の下町を舞台に、並外れた体力を持ち、人情味あふれる警察官・両津勘吉が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガ。1976年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている長寿作で、コミックスは199巻まで発売されており、累計発行部数は約1億4000万部を誇る。テレビアニメシリーズは1996~2004年に放送されたほか、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演でドラマ化、実写映画化もされた。

最終更新:7月25日(月)11時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。