ここから本文です

未発表曲も盛りだくさん、焚吐初ワンマンは大盛況で完結

音楽ナタリー 7月24日(日)15時49分配信

焚吐のワンマンライブ「リアルライブ・カプセル Vol.0」が7月21日に東京・Zirco Tokyoで開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この公演が自身初のワンマンとなった焚吐。バックバンドのメンバーと共にステージに登場した彼は、まずはシングルのカップリング曲「てっぺん底辺」「子捨て山」でライブをスタート。疾走感あふれるサウンドでオーディエンスを歓迎した。

来場者に礼を述べたあと、焚吐は未発表曲「ポテンシャル・オセロ」「四捨五入」、この日CDリリースが発表された新曲「青い疾走」「人生は名状し難い」を休みなく演奏。その後のMCではファンからメールで届いた質問に答えたり、多くのリクエストが集まったという楽曲「サイリウム」を弾き語りで披露するなど、ワンマンならではのコーナーも設けられた。

ライブも終盤に差し掛かる中、「ティティループ」で焚吐はファンとのコール&レスポンスを行い、一体感を高めていった。また初のワンマンを終えたあとにはサイン会も実施。焚吐はファンとの交流を存分に楽しんでいた。

なお焚吐は11月4日に東京・池袋 RUIDO K3で自身2回目となるワンマンライブ「リアルライブ・カプセル Vol.1」を開催。無料ファンクラブ「リアルタイム・カプセル」オフィシャルサイトでは7月31日23:59までチケットの先行予約を受け付けている。

焚吐「リアルライブ・カプセル Vol.0」2016年7月21日 Zirco Tokyo セットリスト


01. てっぺん底辺02. 子捨て山03. ポテンシャル・オセロ04. 四捨五入05. 青い疾走06. 人生は名状し難い07. サイリウム08. ふたりの秒針09. ティティループ10. オールカテゴライズ

リアルライブ・カプセル Vol.1
2016年11月4日(金)東京都 池袋 RUIDO K3

最終更新:7月24日(日)15時49分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。