ここから本文です

センバツ準Vの高松商が20年ぶり夏の甲子園に王手 春の県大会王者に7回コールド

デイリースポーツ 7月24日(日)14時4分配信

 「高校野球香川大会・準決勝、高松商9-1大手前高松」(24日、レクザムスタジアム)

 今春センバツ準優勝の高松商が、春の県大会王者の大手前高松を七回コールドで下し、7年ぶりの決勝進出を決めた。

 初回に1死満塁のチャンスをつくると、5番・美濃晃成内野手(3年)が右中間へ走者一掃の三塁打。続く6番・植田理久都内野手(2年)が左前タイムリーを放ち、いきなり4点を先制した。

 五回には6番・植田理が左越えに3ランを放つなど4点を追加。七回にも竹内啓人外野手(3年)のタイムリーで1点を加えた。

 12安打9得点で、4試合連続のコールド勝ち。先発の大熊達也投手(3年)も5安打1失点と好投した。盤石の勝ち上がりで、20年ぶりの夏の甲子園出場に王手をかけた。

 「打線が低めの変化球に手を出さず、高めに浮いた球を仕留めてくれた」と長尾健司監督。4打数4安打4打点の植田理は「大振りをせず、コンパクトに打てたのがいい結果につながった。決勝戦も、いい準備をして臨みたい」と話した。

最終更新:7月24日(日)15時15分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報