ここから本文です

岡山・創志学園が春夏連続甲子園に王手 150キロ右腕、高田が8回1失点

デイリースポーツ 7月24日(日)14時4分配信

 「高校野球岡山大会・準決勝 創志学園7-1おかやま山陽」(24日、倉敷マスカットスタジアム)

 創志学園が快勝し、2年連続で決勝に進出した。先発したドラフト上位候補のエース・高田萌生投手(3年)は、最速150キロを計測して8回6安打1失点で完投。昨夏、まさかの逆転負けを喫した決勝へ「自信はあります」と力を込めた。

 立ち上がりからボールがばらついた。それでも相手が直球狙いで来ていることを察知すると、すぐさまスライダー中心の組み立てに変更。力を7~8割程度に抑え、丁寧にコーナーを突いた。

 八回に犠飛で1点を失い、今大会初めての自責点がついたが、後続をきっちりと打ち取った高田。29回を投げて自責1、防御率は0・31と圧倒的な数字を残している。

 ネット裏では阪神、巨人、ソフトバンクなど9球団19人のスカウトが視察。「1年前と疲労度は全然違います。センバツでは1勝しかできなかった。夏も甲子園に行って、最後まで勝ち抜きたい」と絶対的なエースは力を込めた。

最終更新:7月24日(日)14時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。