ここから本文です

3年ぶりのV狙う横浜が16強入り 斉藤&長南の1年生コンビが活躍

デイリースポーツ 7月24日(日)14時4分配信

 「高校野球神奈川大会・4回戦、横浜10-0相模原中教校」(24日、バッティングパレス相石ひらつか)

 3年ぶりの優勝を狙う横浜が、六回コールド勝ちで16強入りした。

 初回に3番・斉藤大輝内野手(1年)の先制適時打などでいきなり4点を奪うと、その後も着実に加点。投手陣も3投手のリレーで完封した。今秋ドラフト1位候補の藤平尚真投手(3年)は、六回の1イニングを3者連続三振で抑えた。

 斉藤は先制打を皮切りに、4安打の大当たり。左翼、中堅、右翼と打ち分け、卓越したバットコントロールを見せた。1番・長南有航外野手(1年)も適時三塁打を放ち、平田徹監督は「1年生が非常に期待に応えてくれた」と満足顔。斉藤については「バットが内から出てくる。試合の中での対応力が高い」とほめていた。

最終更新:7月24日(日)15時2分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]