ここから本文です

巨人 杉内が3軍戦で登板、最速136キロに「もう少しほしい」

デイリースポーツ 7月24日(日)14時7分配信

 「3軍交流戦、巨人-BFL選抜」(24日、ジャイアンツ球場)

 昨年10月の右股関節の形成手術からの復活を目指す巨人・杉内俊哉投手(35)が先発した。

 2度目の実戦登板となった杉内は3回35球を投げ、2安打1失点だった。

 最速が136キロだったことに「もう少しほしい」としながらも「いい緊張感で投げられた。チェンジアップとスライダーはまずまず。次はもう少し長いイニングを投げられれば」と話した。

最終更新:7月24日(日)15時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。