ここから本文です

岡田博喜がV5戦、挑戦者は日系3世

デイリースポーツ 7月24日(日)14時49分配信

 「ボクシング・日本スーパーライト級タイトルマッチ10回戦」(25日、後楽園ホール)

 前日計量が24日、都内の日本ボクシングコミッションで行われ、5度目の防衛戦に臨む王者・岡田博喜(26)=角海老宝石=は63・5キロ、同級3位でタイトル初挑戦の青木クリスチャーノ(27)=駿河=は63・4キロでともに一発でクリアした。

 12勝(10KO)無敗の岡田は、減量が終わると持参のポットから白湯をゆっくりと含んだ。挑戦者については「ガンガン攻めてくるので、やりづらいかな。タイミングはシロウトっぽいけど、パンチはあると思うので気をつけたい」と警戒。攻撃については「落ち着いて焦らず、急がず、自分のペースを守って、どこかで仕留められれば」と話した。

 実力的にも戦績的にも、そろそろ上の狙いごろだが「勝てれば、返上するかもしれません。(会長と)話していきたい」と、アピールできる試合内容にするつもりだ。

 挑戦者の青木は「自分の世界を全部出し切って、ベルトを静岡に持って返ります」と宣言。地方のジムにいるが「キックボクサーや総合格闘家の知り合いがスパーリングに来てくれる。体の大きい人とやっている」と、フィジカルに自信を見せた。

 空手出身だが、ポイント制が「白黒ハッキリしないので物足りなくなった」と、15歳の時にボクシングに転向。最初はまったく歯が立たなかったが、同ジムの羽根広宣トレーナーに心身ともに鍛えられた。

 タイトル初挑戦については「予定通り。今年、日本を取るつもりで、来年は東洋、再来年は世界。有言実行、必ずやります」と、ノリノリで豪語した。ブラジル生まれの日系3世がリオ五輪を前に、無敗王者から金星を狙っている。

最終更新:7月24日(日)15時10分

デイリースポーツ