ここから本文です

バナナマン日村 柴犬まるちゃんに憧れ 犬になるんだったら、こういう犬に

デイリースポーツ 7月24日(日)15時33分配信

 バナナマンの設楽統(43)と日村勇紀(44)が24日、都内で行われたアニメ映画「ペット」(8月11日公開)のレッドカーペット付きプレミアイベントに登場し、初体験という犬を連れての舞台あいさつを行った。

 映画は全米で人気沸騰中の長編アニメ。飼い主がいない間にペットが巻き起こす騒動を描いた。日本語吹き替え版では設楽がテリアのミックス犬・マックス、日村が大型犬・デュークを担当。舞台あいさつで2人がそれぞれマックスとデュークに似た犬を連れて登場したが、MCに飛びついたり、控室に帰ろうとするなど言うことを聞かず、2人はあたふた。設楽は「ワンちゃんと一緒の舞台あいさつはしたことがないです」と面食らった表情で話した。

 さらに舞台あいさつには、インスタグラムフォロワー250万人を誇る柴犬・まるちゃんも駆けつけ、2人に花束を渡した。設楽は悠然としたまるちゃんの態度に「風格があるね。何でこんなに落ち着いてるんだろう」と感心しきり。日村にいたっては「犬になるんだったら、こういう犬になりたいね。おとなしくて、ちょっと太ってるし」と明かした。

 舞台あいさつに先駆けたレッドカーペットでも2人は犬、猫、ミニ豚、ウサギ、鳥、サルなどさまざまペットと対面した。設楽はベンガルワシミミズクのくろあめちゃんを手に載せ「カッコいいわ。羽根がでかい」と超ご満悦。日村は柴犬のだいふくくんと“キスシーン”を演じ「口の中にベロが入った。ディープだな」と驚くと、設楽は「すっげえ、鼻の穴までなめてる」と大笑いしていた。

最終更新:7月24日(日)15時38分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。