ここから本文です

日馬富士が4場所ぶり8度目の優勝「一日一番に命をかけて取ることができた」

デイリースポーツ 7月24日(日)17時29分配信

 「大相撲名古屋場所・千秋楽」(24日、愛知県体育館)

 横綱日馬富士が、結びの一番で横綱白鵬を寄り切りで下し、13勝2敗で昨年の九州場所以来4場所ぶり8度目の優勝を果たした。白鵬は10勝5敗。

 優勝インタビューでは「素直にうれしいです。一日一番の積み重ねがきょうの千秋楽につながったので、悔いのない相撲を取ることだけを考えて、真っ向勝負でいきました」と振り返った。8度の優勝のうち3度が名古屋場所だと伝えられると、「縁起のいい名古屋場所なので、僕は名古屋の人が大好きです」と話し、歓声を浴びた。「一日一番に命をかけて取ることができました。その積み重ねがこういういい結果につながって、本当によかったです」と喜びをかみ締めた。

 大関稀勢の里は、結び前の一番で大関豪栄道に押し出しで勝って12勝3敗。初優勝こそ逃がしたが、次の秋場所(9月11日初日、両国国技館)へ綱とりがつながった。豪栄道は7勝8敗。平幕貴ノ岩は嘉風に寄り切りで勝ち、12勝3敗だった。

 大関照ノ富士は関脇魁聖に小股すくいで勝って8勝7敗とし、かど番を脱出した。

最終更新:7月24日(日)20時47分

デイリースポーツ