ここから本文です

阪神が一発攻勢で逆転 原口、新井良が本塁打

デイリースポーツ 7月24日(日)18時52分配信

 「広島-阪神」(24日、マツダスタジアム)

 阪神が0-1で迎えた二回、一発攻勢で逆転した。まず先頭の5番・原口が、広島先発・中村恭の投じた低め138キロを完璧に捉え、左翼スタンド後方のコンコースまで運ぶ8号の同点ソロ。「しっかりと準備ができていたので、ファーストストライクから自分のスイングができるポイントで捉えることができました」と、手に残る感触を確かめるように話した。

 ゴメスは右飛に倒れたが、続く新井良がバックスクリーンに3号勝ち越しソロを突き刺した。「走者なしの状況だったのでとにかく塁に出ることを考えていました」。5月13日のDeNA戦以来の一発を振り返った。

 この試合、鳥谷がスタメンを外れ、2012年から続いていた連続試合フルイニング出場が667で途切れた。先発のメッセンジャーは初回、新井の右前適時打で1点を先制されていたが、“新打線”がすぐさま引っ繰り返した。

最終更新:7月24日(日)19時38分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]