ここから本文です

崇徳が準決で敗退、広島新庄・堀を打ち崩せず

デイリースポーツ 7月24日(日)18時53分配信

 「高校野球広島大会・準決勝、広島新庄4-1崇徳」(24日、しまなみ)

 崇徳はプロ注目左腕・堀瑞輝投手(3年)を打ち崩すことはできなかった。

 0-1の三回に矢田悠貴外野手(3年)が左前適時打を放ったが打線はその後、沈黙。九回1死三塁でも後続が打ち取られ、得点を奪うことはできなかった。

 春季中国大会で優勝し、今大会は優勝候補の筆頭だった。40年ぶりの夏の甲子園を目指したが、その夢は準決勝でついえた。

 それでも藤本誠監督は「ここまでよく頑張ってくれたと思う。3年生が成長し頼もしくなった」とナインをたたえた。

最終更新:7月24日(日)19時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報