ここから本文です

広島、四回に逆転 菊池が同点打 敵失で勝ち越し

デイリースポーツ 7月24日(日)20時39分配信

 「広島-阪神」(24日、マツダスタジアム)

 広島が3-4の四回、2点を奪い逆転に成功した。2番手・九里の代打として登場した西川が、阪神先発・メッセンジャーから右翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、田中がきっちりと送りバント。1死三塁から菊池がメッセンジャーの外角球に食らいつき、中前適時打で4-4とした。菊池は「とにかく必死に打ちました」と汗をぬぐった。

 さらに丸が左中間を破るエンタイトル二塁打で1死二、三塁とし、松山の打球を三塁手の新井良が捕球ミス。相手の失策で5-4と試合をひっくり返した。

最終更新:7月24日(日)22時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報