ここから本文です

初三賞の宝富士「心から喜べない」千秋楽の立ち合い変化に親方が激怒

デイリースポーツ 7月24日(日)21時24分配信

 「大相撲名古屋場所・千秋楽」(24日、愛知県体育館)

 初の三賞、敢闘賞受賞を受賞した前頭2枚目の宝富士(伊勢ケ浜)だが、支度部屋に戻った直後は「心から喜べない」。

 原因は千秋楽の相撲だった。

 前頭筆頭の栃煌山(春日野)に対し、立ち合いで変化してのはたき込み。これが伊勢ケ浜親方(元旭冨士)の逆りんに触れた。

 本人も「前に出ようという気持ちはあったんですが、負けたくなかったので」と、さえない表情だった。

最終更新:7月24日(日)21時50分

デイリースポーツ