ここから本文です

都立の雄・城東、帝京に逆転勝ちで4強入り プロ注目右腕・関根が完投

デイリースポーツ 7月25日(月)0時42分配信

 「高校野球東東京大会・準々決勝、城東7-6帝京」(24日、神宮球場)

 夏2度の甲子園出場経験がある都立の雄・城東が逆転勝ちで4強入りを決めた。

 1点を追う三回に3番・田中颯人外野手(2年)の左越え2ランで逆転。四回には相手守備の乱れにも乗じて3点を挙げ、突き放した。

 プロ注目右腕・関根智輝投手(3年)は、142球の熱投。12安打を浴びて6失点しながら、勝負どころでは140キロを超える伸びのある直球が決まり、九回を投げ抜いた。

 春は投打に大活躍だったが、今大会では胃腸炎で初戦はベンチ外。この日も本調子とはいえない内容だっただけに「すごい疲れました。仲間にすごく助けてもらった。頼もしい」と、感謝の言葉がこぼれた。

 強豪私学を倒して、甲子園まであと2勝。準決勝では、今春東京大会で引き分け再試合の末に敗れた関東第一と激突する。関根は「そんな実力はないけど、都立の星と呼ばれること自体はありがたい。絶対に勝ちたい」と、意気込んだ。

最終更新:7月25日(月)0時54分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]