ここから本文です

【MLB】Wソックス、エース左腕C.セールが急きょ先発回避 ユニフォームの着用を拒否か

ISM 7月24日(日)12時4分配信

 現地23日、シカゴ・ホワイトソックスのエース左腕クリス・セール投手が、クラブハウス内での衝突に関わったとして、この日登板予定だった地元でのデトロイト・タイガース戦の先発を回避した。

 両リーグ単独トップの今季15勝目をかけてマウンドに上がるはずだったセールだが、悪天候により開始が遅れた試合直前に、先発投手の変更がなされたようだ。ホワイトソックスのリック・ハーンGMは、「争いは身体的暴力がともなうものでは決してなく、球団が事情を詳しく調べている最中である」との声明を発表している。

 なお、“衝突”の詳細については、セールがこの日試合で使用されるスローバック・ジャージ(往年のユニフォーム)の着用を拒否し、打撃練習中に切り裂いてしまったことが問題になったと、米スポーツサイト『FanRag Sports』が第一報で伝えている。

 セールは、今年の春季キャンプで球団がアダム・ラローシュ一塁手に息子をクラブハウスにつれてくることを禁じた件に関し、ケニー・ウィリアムス球団社長を公の場で非難。現役引退を選択したラローシュのユニフォームを自身のロッカーにかけるなど、ホワイトソックスに対する強硬な態度が見られていた。

 22日時点で今季46勝50敗でア・リーグ中地区4位に沈むホワイトソックスは、セールと左腕ホセ・キンタナ投手のトレードでの放出がささやかれている。エース左腕については、プレーオフ争いに絡む複数の球団が興味を示しており、ハーンGMも先日、「パッとしない状況から抜け出せずにいる」と語るなどチームのテコ入れを示唆していた。(STATS-AP)

最終更新:7月24日(日)12時4分

ISM

スポーツナビ 野球情報