ここから本文です

ピート・タウンゼント、圧巻のロックンロール・ショー

BARKS 7月24日(日)15時10分配信

ピート・タウンゼントのライヴ映像作品『フェイス・ザ・フェイス~ライヴ・イン・カンヌ198』が日本先行で9月2日に発売になる。

◆ピート・タウンゼント画像

ソロ・アルバム『ホワイト・シティ』に伴うツアーの一環として、ドイツのTV番組『ロックパラスト』で行ったライブパフォーマンスを収録したもので、“ピート・タウンゼント&ザ・ディープ・エンド”名義で行われたステージには、デヴィッド・ギルモアやサイモン・フィリップスなど超豪華なミュージシャン達が集結している。

当時ピンク・フロイドが活動休止中だったデヴィッド・ギルモアがサポートメンバーとして全面参加し、ジェフ・ベック・グループの一員のサイモン・フィリップス、ザ・フーのツアー・キーボード奏者を務めたこともあるジョン“ラビット”バンドリックなど、イギリスのロック・シーンを支えてきた実力派プレイヤー達がピートをバックアップしている。

1曲目からザ・フーの「Won't Get Fooled Again 無法の世界」でスタートするライヴは、新旧のナンバーを交えながら突っ走っていく。「ピンボールの魔術師」や「ビハインド・ブルー・アイズ」などザ・フーのクラシックスはもちろん、ピートのソロ作から「ギヴ・ブラッド」、「フェイス・ザ・フェイス」、「ア・リトル・イズ・イナフ」、「スリット・スカーツ」、「シー・リフュージズ・ノー・リバー」など、圧巻のロックンロール・ショーは約1時間半にわたって繰り広げられる。

さらにデヴィッド・ギルモアが自らのソロ作『About Face 狂気のプロフィール』(1984)から「ブルー・ライト」を弾き歌うのも貴重な1シーンだ。ジェイムズ・ブラウンの「ナイト・トレイン」で締めくくるフィナーレまで、ザ・フーとは一線を画するステージを目撃することができる。

ピート・タウンゼント&ザ・ディープ・エンド feat.デヴィッド・ギルモア『フェイス・ザ・フェイス~ライヴ・イン・カンヌ1986』
2016年9月2日日本先行発売
【初回限定盤DVD+CD】 ¥6,000+税
【通常盤DVD】 ¥4,800+税
【日本語解説書封入/日本語字幕付き】
【DVD収録予定曲】
1.無法の世界
2.セカンドハンド・ラヴ
3.ギヴ・ブラッド
4.ビハインド・ブルー・アイズ
5.アフター・ザ・ファイア
6.スリット・スカーツ
7.ブルー・ライト
8.アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー
9.ハイディング・アウト
10.ザ・シー・リフューズ・ノー・リヴァー
11.フェイス・ザ・フェイス
12.ピンボールの魔術師
13.ア・リトル・イズ・イナフ
14.ラフ・ボーイズ
15.ナイト・トレイン
【CD収録予定曲】
1.無法の世界
2.セカンドハンド・ラヴ
3.ギヴ・ブラッド
4.ビハインド・ブルー・アイズ
5.アフター・ザ・ファイア
6.スリット・スカーツ
7.ブルー・ライト
8.ハイディング・アウト
9.ザ・シー・リフューズ・ノー・リヴァー
10.フェイス・ザ・フェイス
11.ピンボールの魔術師
12.ア・リトル・イズ・イナフ
13.ラフ・ボーイズ
14.ナイト・トレイン

【メンバー】
ピート・タウンゼント(ヴォーカル/ギター)
デヴィッド・ギルモア(ギター)
サイモン・フィリップス(ドラムス)
ジョン“ラビット”バンドリック(キーボード)
ピーター・ホープ・エヴァンス(ハーモニカ)
チュチョ・メルチャン(ベース)
ジョディー・リンスコット(パーカッション)

ピート・タウンゼント&ザ・ディープ・エンド feat.デヴィッド・ギルモア『フェイス・ザ・フェイス~ライヴ・イン・カンヌ1986』オフィシャルページ
http://wardrecords.com/SHOP/GQBS90182_3.html

最終更新:7月24日(日)15時10分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。