ここから本文です

ジョー・ペリー、ツアーに復帰

BARKS 7月25日(月)8時27分配信

7月10日にステージで倒れて以来休養していたジョー・ペリーが金曜日(22日)、およそ2週間ぶりにハリウッド・ヴァンパイアーズのツアーに復帰した。

◆ジョー・ペリー画像

コンサートは、ペリーが住むカリフォルニア州のSonoma State Universityのホールで開かれ、バンドは3,500人のオーディエンスを前に、ザ・ビートルズの「Come Together」、デヴィッド・ボウイの「Rebel Rebel」、T・レックスの「20th Century Boy」、レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love」、モーターヘッドの「Ace Of Spades」、ザ・フーの「My Generation」など21曲を90分間に渡りプレイしたという。

フリートウッド・マックの「Stop Messein’ Around」では、ペリーがリード・ヴォーカルを取ったそうだ。

正式発表はなかったが、ペリーは脱水症と疲労が原因で倒れたといわれている。ハリウッド・ヴァンパイアーズは金曜日(22日)の公演を皮切りに、北米ツアー残りの4公演を4日間連続で開く。この過密なスケジュールの時点で復帰したということは、現在のペリーの体調は良好だと考えられる。

Ako Suzuki

最終更新:7月25日(月)8時27分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。