ここから本文です

オジー・オズボーン、『ゴーストバスターズ』カメオ出演に「すごく光栄」

BARKS 7月25日(月)8時29分配信

オジー・オズボーンは、一家の間で大人気だった映画『Ghostbusters』にカメオ出演できたことを嬉しく思っているそうだ。主役の女性陣にもリスペクトされ「光栄だった」という。

◆オジー・オズボーン画像

オジーは、出演することになった経緯を『New York Post』紙にこう話した。「誰かが電話してきたんだ。で、俺は“イエス”って言ったんだよ。オリジナルは、子供らが小さかったとき家でビッグ・ムービーだった。新しいヴァージョンに出たのは、多分、俺以上に子供たちのほうが興奮してた。撮影現場には数時間しかいなかった。(主役の)レディーたちとは共演するシーンはなかったにもかかわらず、彼女たちみんなが挨拶にきたんだ。すごく光栄だったね」

オジーは、Bests Of Mayhemという架空のバンドの公演でゴーストが現れるシーンに“有名なロック・スター”役で登場するそうだ。バンド・メンバーではなく、彼らのパフォーマンスをステージ横で見ており、マネージャーのシャロンに「夢を見ているのか?」と訊く台詞があるという。

『Ghostbusters』は日本で来月公開される。

Ako Suzuki

最終更新:7月25日(月)8時29分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。