ここから本文です

ザ・ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトンの新作参加を認める

BARKS 7月24日(日)15時10分配信

先月、ザ・ローリング・ストーンズとエリック・クラプトンがレコーディング・スタジオで出くわし、曲をレコーディングしたとのニュースが流れたが、キース・リチャーズがこれを認めた。

◆ザ・ローリング・ストーンズ画像

キースは、BBCのラジオ局6 Musicに、クラプトンが「2~3曲やるために立ち寄った」、セッションは「リッチモンドにいた昔のようだった」と話したそうだ。ザ・ローリング・ストーンズとクラプトンがいたヤードバーズはかつて、ロンドン郊外リッチモンドのCrawaddy Clubでよくプレイしていた。

キースによると、『A Bigger Bang』(2005年)以来となる新作は、ブルースにインスパイアされたものになるそうだ。新曲のほか、リトル・ウォルターやハウリン・ウルフのカヴァーを収録すると噂されているが、キースは「シカゴ・ブルースがいっぱいだ」と話したという。

秋にリリースする計画だそう。キースは「(曲の)タイトルはいまは明かせない。覚えていないし、そのリストも持ってきてないからな」と冗談を飛ばした。また、2017年にヨーロッパ・ツアーを行ないたいとも話した。

Ako Suzuki

最終更新:7月24日(日)15時10分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。