ここから本文です

ベッキー、さんま&中居に感謝「あードキドキしました」

オリコン 7月24日(日)15時50分配信

 23日深夜にフジテレビ系毎夏恒例『FNS27時間テレビフェスティバル!』(後6:30~翌9:24)内の『さんま・中居の今夜も眠れない』に電話で生出演したベッキーが24日、自身のインタスタグラムを更新。「さんまさん 中居さん スタッフのみなさん ありがとうございました」と、電話をするきっかけを作ってくれた人たちに感謝した。

【写真】6月に本格復帰会見を行ったベッキー

 明石家さんまが好きな女性「ラブメイト10」を紹介し、SMAP・中居正広と語り合うコーナーで、ベッキーが10位にランクイン。「(『金スマ』以降)テレビに出ていないですもんね。きょう連絡つくかな?」と心配すると、さんまも「バラエティーの人が助けてあげないと…」と同調。そこから番組中にベッキーからの電話を公開募集するという事態へと発展し、ベッキー本人から電話があった。

 「ベッキーです。お久しぶりです」とあいさつすると、中居も安心したように「久しぶり!よく電話してくれたね。ありがとう」と歓迎し、さんまも「元気そうでよかった!」と笑顔。ベッキーも「さんまさん、バラエティーって楽しいね」としみじみと話した上で「復帰できるように頑張ります。中居さん、今度飲みに行きましょう」と呼びかけていた。

 電話出演を終えたベッキーは、「あーーードキドキしました。あーーーーーーーなんだかふしぎなきもち!笑なんだろうこれ」とコメント。「ぽろっと聞こえる言葉とか、感動しました。ありがとうございます」と、久しぶりのバラエティー番組の出演に感謝した。

最終更新:7月24日(日)15時50分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。