ここから本文です

【NBA】セルティックス、G.グリーン&T.ゼラーと契約合意

ISM 7月24日(日)13時24分配信

 ボストン・セルティックスが現地23日、フリーエージェント(FA)のジェラルド・グリーン、タイラー・ゼラーと契約合意したことが分かった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが報じている。

 同サイトによると、グリーンは年俸140万ドル(約1億5,000万円)の1年契約となる見込み。セルティックスから制限付きFAとなっていたゼラーは、総額1,600万ドル(約17億円)の2年契約で、2年目はチームオプションになっているとのこと。

 グリーンは、2005年ドラフトでセルティックスから全体18位指名を受けると、2007年にケビン・ガーネットとのトレードでミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍するまで、2年間同チームに所属した。昨シーズンは、マイアミ・ヒートでドウェイン・ウェイドの控えを務め、先発14試合を含む69試合に出場し、平均8.9得点をマークした。

 また、これまでダラス・マーベリックス、ニュージャージー(現ブルックリン)・ネッツ、インディアナ・ペイサーズ、フェニックス・サンズなどでもプレーし、スリーポイントシュート成功率はキャリアを通じて36.1%を記録している。

 26歳のゼラーは、2014年オフのトレードでクリーブランド・キャバリアーズからセルティックスに加入。2014-15シーズンは59試合に先発したが、フロントコートの人材が豊富だった昨季は、コーチの判断で出場しなかった試合がプレーオフを含め25試合に及んだ。シーズン成績は、1試合平均11.8分間のプレータイムで、6.1得点、3.0リバウンド。

最終更新:7月24日(日)13時24分

ISM

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。