ここから本文です

大凶タッグはブルドッグスが単独トップ!道頓堀プロレスとBASARAが侵攻!

バトル・ニュース 7月24日(日)11時55分配信

 23日、新木場にて行われた『666 vol.71~納涼夏祭り~』。現在開催中の大凶タッグは、年間通して行われ、勝ち0点・引き分け3点・負け6点が加算され点数が多いチームが大凶タッグ優勝となる負け点方式が取られる。リーグ戦ではなくタッグ戦全てが加算対象になる。

 前回大会でアジアタッグ王者の宮本裕向から勝利しここまで無敗の遠藤マメ&ダイスケの“エロティッシュブルドッグス”は、ツトム・オースギとヘラクレス千賀のSOSと対戦。
 2008年から組んでいるSOSのハイスピードな連携にこのまま初黒星かと思われたが、ダイスケが二人まとめてブレーンバスターで叩きつけるとラリアットで叩き伏せ、スライディングDからマメかスライディングゲイを発射し3カウント。エロティッシュブルドッグスが無敗での単独トップを貫いた。

 宮本裕向とKouzyの“愛LOVE You Kouzy”はプロレスリングBASARAの塚本拓海&関根龍一と、忍&寧々の“NO SEX NO LIFE”は寧々が鎖骨骨折のため急遽二代目マスクド・バディが参戦し道頓堀プロレスのTORU&三原一晃と対戦。
 ともにBASARAと道頓堀プロレスが勝利し、今後の継続的な抗争をアピールした。

最終更新:7月24日(日)11時55分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]