ここから本文です

特撮の神様、レイ・ハリーハウゼン作の「宇宙戦争」のコンセプト映像

ギズモード・ジャパン 7月24日(日)12時10分配信

見よ、滑らかな火星人の動きを!

H・G・ウェルズが1898年に発表したSF小説「宇宙戦争」は古い作品ですが、火星人が地球を攻めてくるストーリーは人々を魅了し、繰り返し映像化されてきました。

しかし、中には製作の話が進んでいたにもかかわらず、実現しなかったケースもあります。その中には、ストップモーション・アニメーションの巨匠、レイ・ハリーハウゼンによるものもあったんです。

そこで今回は、お蔵入りしてしまったハウゼンの「宇宙戦争」のコンセプトアートと映像をご紹介します。


動画はこちら。https://www.youtube.com/watch?v=Xa2OCI_M4zo


Blastrが取り上げたこちらの動画は、odeergさんがアップしたもの。

ハリーハウゼンは1949年に「宇宙戦争」を映画化しようとしていたものの、予算の都合で企画は流れてしまったそうです。

1953年に公開されたジョージ・パルの「宇宙戦争」も歴史に残る名作ですが、特殊効果の魔術師ハリーハウゼンの作品が実現しなかったことは残念でなりません。

source: YouTube via Blastr

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文]
(中川真知子)

最終更新:7月24日(日)12時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。