ここから本文です

みるきー、ゆきりんも見守った最後の「Mステ」タモリから花束

MusicVoice 7月24日(日)7時41分配信

 AKBグループからの卒業を発表している“みるきー”ことNMB48渡辺美優紀(22)が22日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に卒業前最後の出演を果たした。番組では母親と電話するサプライズも用意された渡辺は放送後、自身のツイッターで「Mステさん大好き」と感謝。さらに、テレビ観戦していた様子のAKB48柏木由紀は「さやみるきー この2人が同時にNMBのメンバーになったことは奇跡だなぁ」などとつぶやき、感慨ひとしおの様子だ。

 渡辺はこの日、NMB48のメンバーの一人として「Mステ」に出演し、自身がセンターを務めた『僕はいない』と、山本とのデュエットで『今ならば』を歌唱した。

 歌う前のトークでは、母親からサプライズの電話で「歌って踊るミユはキラキラ輝いて、たくさん夢を見させてもらった」とエールを送られると、「ママなんで!」と渡辺はびっくりしながらも「ありがとう」と感謝。番組のエンディングでは司会のタモリから花束を贈られた。

 放送後、ツイッターを更新した渡辺は「Mステさん大好き みなさん、ほんっとーーーにありがとうございました」と改めて感謝し、「ままーー笑 びっくりー笑」と母親からのサプライズ電話にも驚きと喜びを伝え、山本との2ショット写真を公開した。

 NMB48のメンバーも続々とツイッターを更新。加藤夕夏は「みるきーさんのラスト出演に一緒に出演させて頂けて嬉しくて、、感動しました!」とコメントし、白間美瑠は「みるきーの最高の笑顔。全てが感動でした」とつぶやき、沖田彩華は「着々とみるきーの卒業が近付いてきてて寂しいな」としみじみとツイートを寄せた。

 さらに、柏木はテレビで「Mステ」を鑑賞していた様子。ツイッターで、「Mステ さやみるきー」と書き出し、「この2人が同時にNMBのメンバーになったことは奇跡だなぁ、なんてしみじみ。。」とコメント。NMB48の2枚看板として人気・実力をけん引してきた2人が同じ時期にグループに在籍したことを″奇跡″と称し、渡辺のラスト「Mステ」を見守ったようだ。

 ファンの多くも見届けたようで、「『今ならば』聴けて最高でした 永久保存版!」「最後まで最高のアイドルだったよ」「やっぱりさやみるいいね いいコンビ」と感謝や感動の声を続々と発信している。

最終更新:7月24日(日)7時41分

MusicVoice