ここから本文です

チーフスが敵地で大勝 ベスト4! ストーマーズまたもプレーオフ勝てず

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7月24日(日)8時21分配信

 今年のスーパーラグビーで準決勝への最後の切符を手にしたのは、チーフス(ニュージーランド)だった。南アフリカのケープタウン(ニューランズスタジアム)で現地時間23日、ストーマーズと準々決勝をおこない、8トライを奪って60-21と大勝。3年ぶり3回目の優勝へ向け、最初の関門を突破した。

ライオンズが南ア勢の意地見せた! クルセイダーズ倒し15年ぶり4強!

 一方、2年連続でカンファレンスを制したストーマーズだが、7回出場したプレーオフで勝ったのは準優勝した2010年の一度だけで、またしてもノックアウトステージでの弱さが顕在化した。

 なお、勝ったチーフスには日本代表選手2人が所属するが、ニュージーランド・メディアによれば、PR山下裕史は家族の事情により南ア遠征には帯同せず、5月21日のレベルズ戦で右手親指を脱臼し離脱しているNO8/FLリーチ マイケルも、この試合のメンバーには入っていなかった。

 負けたら終わりの戦い。ストーマーズは前半早々に中心選手のひとりであるFLシヤ・コリシが負傷交代したのは痛かった。3点を追う前半10分に相手のラインアウト失敗からチャンスとなり、PRヴィンセント・コッホがトライを決めたものの、そのあとはチーフスが主役の劇場と化す。

 チーフスは13分、クイックハンドで右へ回し、WTBサム・マクニコルがフィニッシュ。16分にはWTBジェームズ・ロウが左サイドを突破してSHブラッド・ウェバーがサポートし、トライを挙げた。23分にはSOアーロン・クルーデンが相手FBヤコ・タウタのキックをチャージし、インゴールで転がるボールをNO8トム・サンダースが押さえて連続得点。
 堅守を武器とするストーマーズだがチーフスの勢いは止まらず、33分、左タッチライン沿いでボールをもらったWTBロウがキック&チェイスで自らインゴールで押さえ、リードを拡大した。

 ストーマーズは前半終了前にパワフルなPRコッホが2トライ目を奪ったが、34-14で始まった後半も、主導権を握ったのはアウェイチームだった。
 チーフスは45分(後半5分)、敵陣でのスクラムでターンオーバーすると、テンポよく左へ回し、FBダミアン・マッケンジーがトライを挙げ25点差。
 ストーマーズは71分に途中出場FLニザム・カーがスコアラーとなったが、エネルギッシュなチーフスはラスト5分間で3トライを追加し、敵地で快勝して3年ぶりの4強入りとなった。

 2013年大会以来の王座奪還をめざすチーフスは、準決勝は同じニュージーランドチームとぶつかることとなり、レギュラーシーズン総合1位通過のハリケーンズと対戦することが決定した。30日、敵地ウェリントンで挑む。

最終更新:7月24日(日)8時21分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]