ここから本文です

<高校野球>熊谷商、シード西武文理に3-2 鈴木スクイズで決勝点/埼玉大会

埼玉新聞 7月24日(日)6時0分配信

 熊谷商が接戦を制した。2―2の七回、三浦の二塁打と犠打で1死三塁とし、鈴木がスクイズを決め決勝点。西武文理は六回以降、打線が沈黙。

【写真特集】諦めなかった夏、仲間との思い出…写真で振り返る球児たちのドラマ

■執念、決勝スクイズ

 一球一打に執念を燃やし、泥くさい野球を体現した熊谷商が、Cシード西武文理を1点差で振り切った。「夏の大会を勝ち上がる中で1点差ゲームは必ずある。それを勝ち取ることで選手に力がつく」と新井監督。“夏の熊商”が代名詞の同校OBらしい言葉を発した。

 2―2の七回裏、1死三塁で、8番鈴木が外角高めの球に対し、きっちりとスクイズを決め、勝ち越し。「ボールが結構抜けていた」と、捕手らしく打席前に相手エースの球質を見極め、仕事に徹した。

 直前の七回表の守備では、遊撃手三浦が三遊間への深いゴロをさばくと、一塁に好送球し、三つ目のアウトを取った。その三浦が七回裏、先頭で二塁打を放ち、犠打とスクイズで決勝の生還。勝負どころで1点をもぎ取った。

 公式戦初先発の江原も勝利の立役者だ。左腕から右打者の胸元をえぐる直球を投じ、左打者へは外角を出し入れするなど、巧みな投球術で6回1/3を2失点。「自分のやってきたことがしっかり出せた」と胸を張った。

 春の県大会1回戦敗退後、チームの雰囲気は下降した。そんな中、指揮官が当初ワンポイントの役割を想定していた江原が、4月の川越東との練習試合で2失点完投勝利を収め、仲間に活を入れた。努力を継続する背番号10がこの日、輝いた。

 夏の甲子園5度の出場を誇る熊谷商だが、1981年以来、優勝から遠ざかっている。準々決勝は優勝候補の花咲徳栄が相手。主将の田島は「甲子園をかなえるには、倒さなければならない相手。対戦が楽しみで仕方ない」。集大成ともいえる一戦を前に目には力が宿っていた。

西武文理
100010000|2
02000010X|3
熊谷商

■24日の試合

【県営大宮】
▽準々決勝
市川越―聖望学園(10時)
熊谷商―花咲徳栄(12時30分)

【市営大宮】
▽準々決勝
浦和実―大宮東(10時)
上尾―春日部共栄(12時30分)

最終更新:7月24日(日)6時50分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)