ここから本文です

福岡ソフトバンクを猛追する北海道日本ハム その差はついに3.5ゲーム

Full-Count 7月24日(日)8時36分配信

絶好調の日本ハム、7回1死満塁からの逆転劇で、7月は13勝1敗

 鷹の影が、うっすらと見えてきた。北海道日本ハムが23日、オリックスに快勝し、球宴を挟んで5連勝。その夜の試合で首位の福岡ソフトバンクが埼玉西武に敗れ、これでゲーム差が3.5ゲーム差に縮まった。

【動画】7月は13勝1敗、日本ハム・大野がヒーローインタビューでSB戦までの意気込み語る

 圧倒的だと思われていた前半戦から一転、後半戦始まって早々、パ・リーグの優勝争いが荒れ始めた。主役は北海道日本ハムだ。2点ビハインドの7回1死満塁、矢野選手の押し出し四球で1点を返すと、大野選手が「興奮して鳥肌が立った」という、左中間への走者一掃の適時二塁打で一気に逆転。さらに2死3塁から、中島卓選手、陽選手の連続適時打と攻撃の手を緩めることなく、この回一挙6得点で試合を決めた。

 球団記録を塗り替えた、6月からの15連勝もあって、7月はまだ1敗。この月だけで12個もの貯金を積み上げた。

 デーゲームだった北海道日本ハムの勝利の後、福岡ソフトバンクはナイターで埼玉西武と対決。4回無死二、三塁から中村晃選手の犠飛で先制。今季8勝無敗という先発の千賀投手は6回無失点でこの日も試合を作ったが、中継ぎ陣が踏ん張れずに終盤に3失点して敗戦。埼玉西武打線の集中力も光ったが、犠飛のみの1得点という結果は、強力打線の福岡ソフトバンクにとっては物足りないものといえる。

29日から本拠地札幌でソフトバンクと頂上決戦!

 一時は6月中にマジック点灯の可能性もあったほど、ぶっちぎりの成績を残してきた福岡ソフトバンクだが、7月は8勝8敗。対照的に13勝1敗の北海道日本ハムが猛烈な追い上げを見せている。

 快勝後、ヒーローインタビューで大野選手は誓った。

 「直接対決まで負ける気はない。そこまで全勝でいきたい」

 29日から福岡ソフトバンクと3連戦。しかも本拠地、札幌ドームでのゲームだ。今季のペナントレースを左右するであろう大注目のカード。その状況まで、北海道日本ハムが一気に駆け上がってきた。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:7月24日(日)8時45分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]