ここから本文です

新幹線の「ツノ」何のため? 車両によっては「見えないツノ」も

乗りものニュース 7/24(日) 12:01配信

目的は「かっこよさ」……ではなく

 新幹線の先頭車両からはえている「ツノ」に、「なんだろう?」と思ったこと、ないでしょうか。「かっこよさ」を考えてなのだろうか、高速走行に関係があるのだろうか、いろいろな理由を想像したかもしれません。

【画像】初代新幹線0系の「ツノ」

 もちろんこの「ツノ」には、目的があります。「静電アンテナ」「検電アンテナ」と呼ばれるもので、架線に流れている電気の電圧を検知するための部品です。「架線」とは、電車に電気を供給するため、線路の上空に張られている電線のこと。新幹線の架線には、電圧2万5000ボルトの交流電気が流れています。

 この「静電アンテナ」、無線のアンテナとしても使われることがあり、新幹線の各車両形式が搭載していますが、実は、その場所や形はさまざまです。

車両によっては「見えないツノ」も

 東海道、山陽、九州新幹線系統の車両は、「静電アンテナ」が1992(平成4)年登場の300系電車まで運転席の上部付近にありましたが、1997(平成9)年登場の500系電車はパンタフラフ付近に(8両編成になった現在は2、7号車の屋根上)、そして1999(平成11)年登場の700系電車以降は、両先頭車両の後部屋根上に設けられています。

 対し東北、北海道、山形、秋田、上越、北陸新幹線系統の車両では、その初代車両である1982(昭和57)年登場の200系電車や、1992(平成4)年登場の山形新幹線用400系電車では運転席上部付近にありましたが、それ以外の多くは、車体へ埋め込まれる形になっていたり、パンタグラフ付近に外から見にくい形で設置されているなど、「ツノ」の存在は分かりづらい構造です。

 ただ2014年に登場した、それら新幹線の系統で最も新しい車両である北陸新幹線用のE7・W7系電車では、両先頭車両の後部屋根上に設置され、ふたたび「ツノ」がハッキリ見られるようになりました(2016年登場の北海道新幹線H5系は、2011年に登場したE5系のバリエーション)。高速走行を行うと「静電アンテナ」は騒音の発生源になることなどから、設置場所も考えられています。

 2016年7月23日(土)と24日(日)にJR東海が一般公開している浜松工場(静岡県浜松市)でもN700系電車の「静電アンテナ」が展示され、来場者たちは手にとって、その重さを感じていました。浜松工場は新幹線車両の大規模な検査、整備を行う施設です。

恵 知仁(鉄道ライター)

最終更新:7/24(日) 22:32

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。