ここから本文です

英政府、航空分野の研究開発に500億円投入

ニュースイッチ 7月24日(日)10時43分配信

ボーイングなどと協力、EU離脱表明も「開かれた国」を強調

 英政府は米航空大手ボーイングなどと協力し、航空分野のR&D(研究開発)に3億6500万ポンド(約500億円)を投じる。先日ロンドンで開催された英ファンボロー国際航空ショーの会場で明かにした。英国は欧州連合(EU)離脱後も企業に開かれた国であり続けると強調するのが狙い。キャメロン前首相は「わが国の前にどんな不確実性が待ち受けていようとも、英国は民間と軍事の航空分野で世界をリードし続ける」としている。

最終更新:7月24日(日)10時43分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]