ここから本文です

青山修子/尾崎里紗は準優勝 [ワシントンDC/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/24(日) 10:24配信

「シティ・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ワシントンDC/7月18~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、青山修子(近藤乳業)/尾崎里紗(江崎グリコ)はモニカ・ニクレスク(ルーマニア)/ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)に4-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間15分。

尾崎里紗は準々決勝でプティンセバに敗退 [シティ・オープン]

 1回戦を不戦勝で勝ち上がった青山/尾崎は、準々決勝で第2シードのナオミ・ブローディ(イギリス)/加藤未唯(佐川印刷)を6-2 6-3で、準決勝では第3シードのニコール・メリチャー(アメリカ)/シュー・シリン(中国)を6-4 5-7 [10-5]で倒していた。

 シングルスにも出場していた尾崎は、初戦で前年の優勝者で第2シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を6-2 6-1で破り、2回戦ではナオミ・ブローディ(イギリス)を6-1 5-7 6-4で下してWTAツアー初のベスト8進出。前日に行われた準々決勝で第6シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)に4-6 2-6で敗れていた。

 青山は今大会では2014年までに3連覇を達成。2012年はチャン・カイチェン(台湾)、13年はベラ・ドゥシェビーナ(ロシア)、14年にはガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)と組んでタイトルを獲得していたが、2年ぶり4度目の大会制覇はならなかった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:WASHINGTON, DC - JULY 23: Shuko Aoyama, left, and partner Risa Ozaki of Japan face off against Monica Niculescu of Romania and Yanina Wickmayer of Belgium during the women's doubles championship of the Citi Open at Rock Creek Tennis Center on July 23, 2016 in Washington, DC. (Photo by Grant Halverson/Getty Images)

最終更新:7/24(日) 10:24

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]