ここから本文です

ジョコビッチが第1シード、錦織は反対にブロックに<男子テニス>

tennis365.net 7月24日(日)13時39分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は22日にシングルスの組み合わせが発表され、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は初戦の2回戦でD・ツルスノフ(ロシア)とG・ミュラー(ルクセンブルグ)の勝者と対戦する。今大会の上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

ロジャーズ・カップ対戦表

今年7月のウィンブルドンでジョコビッチはまさかの3回戦敗退を喫し、その後はツアー大会に出場していなかった。

ロジャーズ・カップは2007・2011・2012年に優勝しており、昨年は決勝でA・マレー(英国)に敗れた。

今大会はシード勢が勝ち進んだ場合、3回戦で第14シードのB・ペール(フランス)、準々決勝で第5シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)か第9シードのJ・イズナー(アメリカ)、準決勝で第4シードで地元期待のM・ラオニチ(カナダ)か第7シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦する組み合わせ。

ウィンブルドンでジョコビッチを破る大金星をあげたS・クエリー(アメリカ)も、トップハーフ(対戦表の上半分)に入っており、1回戦で地元のF・ダンチェビッチ(カナダ)と顔を合わせる。

ジョコビッチらとは反対のボトムハーフ(対戦表の下半分)のシード勢は第2シードがS・ワウリンカ(スイス)、第3シードが錦織圭(日本)、第6シードがD・ティエム(オーストリア)、第8シードがM・チリッチ(クロアチア)となっている。

tennis365.net

最終更新:7月24日(日)13時39分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]