ここから本文です

JR山陽線にワンピース電車お目見え 岡山駅でファン集い撮影

山陽新聞デジタル 7月24日(日)23時0分配信

 人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の登場人物などを描いたラッピング電車(4両編成)が24日、岡山県内のJR山陽線にお目見えした。岡山駅にはファンらが詰め掛け、写真に収めた。

 JR西日本とJR四国の観光企画「せとうちキャンペーン」(7~9月)の一つ。同漫画の新作映画「ONE PIECE FILM GOLD」の公開に合わせて23日から投入されており、県内を走るのは24日が初めて。8月30日まで山陽線三石―下関間と呉線、可部線を随時運行する。

 車両のデザインは、映画に登場する金貨を全体にあしらい、海賊王を夢見る主人公の少年ルフィ、仲間のゾロやチョッパーらを描いている。「せとうちで『ひと夏の財宝』を探す旅!」というキャッチフレーズも入れている。

 午前11時49分、岡山駅上り線に到着すると、待ち構えたファンがカメラやスマートフォンを向けた。岡山中の2年男子(13)は「派手でインパクトがある電車。金貨が走っているよう」と話した。

 母親と一緒に乗車した倉敷市の小学1年男子と弟(3)は「かっこいい。また乗りたい」と喜んでいた。

 岡山、福山、高松駅など瀬戸内エリアの25カ所を巡るワンピースのスタンプラリーも9月4日まで実施。キャラクターのスタンプを台紙に押すタイプとQRコードで読み取るタイプがあり、規定のスタンプ数を集めると、県産デニムを使ったチョッパーの縫いぐるみなどが抽選で当たる。

最終更新:7月24日(日)23時0分

山陽新聞デジタル