ここから本文です

日比野菜緒が本戦に王手、大坂なおみは予選敗退<女子テニス>

tennis365.net 7月24日(日)14時4分配信

ロジャーズ・カップ

女子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、WTAプレミア5)は23日、シングルス予選1回戦が行われ、予選第9シードの日比野菜緒(日本)が穂積絵莉(日本)との日本勢対決を6-3, 6-3のストレートで制し、本戦出場に王手をかけた。

大坂なおみ セリーナ抜き1位

予選決勝では予選第23シードのJ・グラスコ(イスラエル)と対戦する。

同日には予選第14シードの大坂なおみ(日本)も登場したが、A・クドリャフツェワ(ロシア)に6-3, 6-7 (6-8), 4-6の逆転で敗れた。

その他の日本勢では土居美咲(日本)が本戦へストレートインしており、1回戦でD・カサキナ(ロシア)と対戦する。

今大会の第1シードはS・ウィリアムズ(アメリカ)、第2シードはA・ケルバー(ドイツ)、第3シードはG・ムグルサ(スペイン)、第4シードはA・ラドワンスカ(ポーランド)、第5シードはS・ハレプ(ルーマニア)、第6シードはV・ウィリアムズ(アメリカ)、第7シードはR・ビンチ(イタリア)、第8シードはC・スアレス・ナバロ(スペイン)で、上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月24日(日)14時4分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。