ここから本文です

にわとりに扮して聖人まつる、パラグアイ先住民の伝統祭

AFPBB News 7月24日(日)11時46分配信

(c)AFPBB News

【7月24日 AFP】パラグアイ・エンボスカダ(Emboscada)で23日、伝統の祭り「Guaicuru Nemonde」が開催された。めんどりの羽根で作られた衣装とお面を被ったカトリック教徒たちが、先住民の守護聖人「聖フランシスコ・ソラーノ(San Francisco Solano)」をたたえ、守護に対する感謝を示した。(c)AFPBB News

最終更新:7月25日(月)16時35分

AFPBB News