ここから本文です

独りぼっちのゾウが「心の病」に、パキスタン

AFPBB News 7月24日(日)12時6分配信

(c)AFPBB News

【7月24日 AFP】米歌手シェール(Cher)さんが支援していることで話題になった権利運動がある。パキスタンで独りぼっちになっているゾウ、カーバン(Kaavan)の権利運動だ。しかし飼育環境を改善しようという運動の効果はまだ限られている。

 カーバンは32歳のオスのアジアゾウで、精神疾患を患っている。たとえだいぶ前から約束されていた新しいパートナーがやって来たとしても、今よりも良い飼育環境がなければ未来は暗い。

 首都イスラマバード(Islamabad)のイスラマバード動物園(Islamabad Zoo)でカーバンが鎖につながれていることが明らかになると、その飼育環境に対する怒りが世界中に広まり、嘆願書には20万人以上の署名が集まった。

 だが、園の職員らは、飼育環境の問題ではなく、2012年にパートナーに先立たれたカーバンには新しいパートナーこそ必要なのだとコメントし続けてきた。

 しかしパキスタン野生動物基金(Pakistan Wildlife Foundation)のサフワン・シャハブ・アフマド(Safwan Shahab Ahmad)氏によると、カーバンはしきりに頭を動かすなど苦悩を表す行動を取っており、「心の病気の一種」の兆候を示している。

 1990年代からカーバンの詳細な調査を行っているアフマド氏は、カーバンの世話をする専門的な訓練を受けた飼育員がいないと非難し、アジアゾウの自然生息地である森に環境が近い、より広大なスペースや囲いが必要だと語った。6月30日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7月24日(日)12時6分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。