ここから本文です

シニアコバ、シグムンドがともに初の決勝へ [バスタッド/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/24(日) 13:30配信

 スウェーデン・バスタッドで開催されている「エリクソン・オープン」(WTAインターナショナル/7月18~24日/賞金総額25万ドル/クレーコート)の準決勝で、20歳のカテリーナ・シニアコバ(チェコ)がディフェンディング・チャンピオンで第8シードのヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を7-5 6-1で下して決勝進出を決めた。

久見香奈恵/高畑寿弥は初戦突破ならず [エリクソン・オープン]

 WTA初タイトルを狙う世界92位のシニアコバは予選を勝ち上がっての本戦出場。ラーションに対しては、握られた14回のブレークポイントうち11回をしのいで勝ち上がった。

「私はすごく感情的な選手なの。ときにはそれが利得となり、ときにはそれが妨害となる」とシニアコバ。「今日はすべてがうまくいったわ。決勝はタイトルを目指して激しく戦うつもり」。

 決勝でシニアコバは、第6シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)と戦う。シグムンドも優勝すればWTA初タイトルとなる。

 シグムンドは準決勝で同国のユリア・ゲルゲス(ドイツ)と対戦したが、ゲルゲスが第3セットの途中で腰の故障を理由に棄権した。ゲルゲスが棄権を決めたとき、シグムンドは4-6 6-3 4-0でリードしていた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 02: Katerina Siniakova of The Czech Republic plays a forehand during the Ladies Singles third round match against Agnieszka Radawanska of Poland on day six of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 2, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7/24(日) 13:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]