ここから本文です

ポグバに史上最高額はおかしい スコールズ氏「ロナウドかメッシのように50点は決める選手が欲しい」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月24日(日)11時20分配信

マンUでポグバを見てきたスコールズ氏の考えは

今夏に史上最高額の移籍金でマンチェスター・ユナイテッドに向かうと噂されているユヴェントスMFポール・ポグバは、本当に莫大なお金を使ってまで獲得すべき選手なのか、これには多くのサッカー関係者が疑問を抱いている。特にポグバの場合は古巣復帰となるため、マンUでポグバのプレイを見てきた選手の中には首をかしげたくなる者もいるだろう。

元マンチェスター・ユナイテッドMFで、現在は解説などを務めるポール・スコールズ氏もその1人だ。スコールズ氏は同じ中盤の選手として若いポグバの姿を見てきた人物で、噂される1億ポンドという額に疑問を抱いているようだ。

英『Daily Mail』によると、スコールズ氏はポグバに若い時から才能があったと認めているものの、史上最高額の移籍金が動くほどの価値はないと考えていることを明かした。

「私はポグバには8600万ポンドもの価値はないと思う。その額になれば、クリスティアーノ・ロナウドかリオネル・メッシのようにシーズン50得点は決める選手が欲しい。ポグバはまだそこまでの価値がある選手ではないね」

8600万ポンドといえば、2013年夏にトッテナムからレアル・マドリードへと移籍したガレス・ベイルに支払われたとされる金額だ。スコールズ氏はそれをも上回るほどの価値がポグバにはないと考えているようで、マンUの動きに疑問を抱いているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月24日(日)11時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]