ここから本文です

カルロビッチとモンフィスが決勝進出 [ワシントンDC/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/24(日) 17:01配信

 アメリカ・ワシントンDCで開催されている「シティ・オープン(ATP500/7月18~24日/賞金総額162万9475ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、37歳で第13シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)が第5シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-4 6-4で下した。

カルロビッチ3度目の正直で優勝、ミュラーと3つのタイブレークを争う [名誉の殿堂テニス選手権]

 身長211cmのカルロビッチはビッグサーブにものを言わせ、2週連続の決勝進出を果たした。彼は直面した5つのブレークポイントのすべてをしのいで勝ち上がったが、それによって今週プレーした43回のサービスゲームのすべてを今のところ獲得していることになる。

「これが僕のテニス、僕の強みなんだ」とカルロビッチは試合後のオンコートインタビューで言った。

「僕は決して彼がやるように、走ることはないだろう」。

 各セットの第3ゲームで、カルロビッチはジョンソンのサービスをブレークしている。

 決勝でカルロビッチは第2シードのガエル・モンフィス(フランス)と対戦することになった。29歳のモンフィスは準決勝で、第7シードで19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-4 6-0で破っている。

 先週のニューポート(グラスコート)の大会で7つ目のATPシングルス・タイトルを獲得したカルロビッチは、37歳4ヵ月でのタイトル獲得となり、これは1979年に37歳9ヵ月でタイトルを獲得したマーティ・リーセン(アメリカ)に次いで2番目の年長者となった。

「それはハードワークのおかげでもあるし、また、僕が非常に若いときに(プロテニスを)始めたわけではないからだと思う」とカルロビッチ。彼がプロになったのは21歳のときだった。「僕は年齢が示唆するほと、体を消耗させてはいないんだよ」。

 これまでの最大の勝利は、2003年のウィンブルドン1回戦でディフェンディング・チャンピオンのレイトン・ヒューイット(オーストラリア)を破った試合だというカルロビッチにとって、今の状況は“復活”とも言える出来事だろう。というのも、彼は2016年の最初の6試合に連敗したあと、4月から勝ち進んで、現在の戦績は16勝7敗となっている。

 カルロビッチの成功の多くはサービスに基盤がある。非常に高い位置から打ち出し、特に7月の暑さの中、ここワシントンのハードコートの上ではかなり高く跳ねる。

 これまでの25年間でATPが示すサービス・スタッツによると、カルロビッチは1万1000本を超えるサービスエースを放ち、ツアー首位を走っている。そしてサービスゲームの92%を勝ち取っている。

 土曜日の準決勝前の時点で彼のサービスエースの平均は一試合22本。準々決勝は14本だったが、その中には最後の2ポイントの時速215kmと時速212kmのエースも含まれている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: WASHINGTON, DC - JULY 23: Ivo Karlovic of Croatia serves during his 6-4, 6-4 win against Steve Johnson of the United States in the semifinals of the Citi Open at Rock Creek Tennis Center on July 23, 2016 in Washington, DC. (Photo by Grant Halverson/Getty Images)

最終更新:7/24(日) 20:25

THE TENNIS DAILY