ここから本文です

差別にタックル、南ア初のゲイラグビーチーム

AFPBB News 7月24日(日)15時10分配信

(c)AFPBB News

【7月24日 AFP】南アフリカ初の同性愛者で構成されたラグビーチーム「ジョージーキャッツ(Jozi Cats)」が、同性愛が差別の対象とされる同国で偏見に立ち向かっている。妖精や女王に扮(ふん)した選手や、小さな花を手にした選手が写る挑戦的なポスターは、偏見を笑いに変え、新しい仲間の勧誘は大成功を収めた。彼らは今、来年米フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)で行われるゲイラグビーの国際大会に向け、トレーニングの真っ最中だ。(c)AFPBB News

最終更新:7月24日(日)15時10分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。