ここから本文です

アーセナルではボール持ちすぎなんて許されないぞ ラニエリが移籍噂されるマフレズに残留勧める

theWORLD(ザ・ワールド) 7月24日(日)16時30分配信

レスターとは扱いが異なる

チェルシーへ移籍したMFエンゴロ・カンテに続いてリヤド・マフレズの移籍が噂されているレスター・シティの指揮官クラウディオ・ラニエリは、マフレズにレスターに留まるべきだと助言を送った。現在マフレズにはアーセナルが興味を示しており、獲得に近づいている。マフレズのテクニックがあればアーセナルのスタイルにも適応できそうだが、ラニエリはアーセナルでも今と同じようなプレイが出来るとは限らないと考えている。

英『sky SPORTS』によると、ラニエリはマフレズをチームのキーマンだとその能力を称賛したものの、アーセナルなど他のチームにはもっと多くのスター選手がいると主張。レスターとは違ってベンチに座る時間が長くなるかもしれないと語った。

「彼を残留させるのは非常に重要だ。彼は我々のチームのスター選手の1人だからね。だけど他のチームにはもっと多くのスターがいるだろうし、マフレズは今と同じレベルではプレイできないかもしれない。ベンチになるかもしれないからね。彼は我々の下に残ったほうが良いよ」

マフレズのテクニックは確かだが、少しばかりボールを持ちすぎるところもある。それもレスターならば許されていたが、アーセナルでもマフレズがスター選手の立場でいられるとは限らない。ラニエリの言葉通りレスターに残ったほうが気持ちよくプレイできるのは確かだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月24日(日)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。