ここから本文です

「前回は銀だった。今回は金にしたい」 ブラジルサッカーの威信復活へネイマールが五輪に意欲

theWORLD(ザ・ワールド) 7月24日(日)18時50分配信

金メダル以外は許されない

オリンピックに2大会連続で出るケースはそれほど多くないが、ブラジル代表FWネイマールは4年前のリベンジを果たそうと燃えている。

2012ロンドン五輪のブラジルは前評判が高いチームだったが、決勝でメキシコ代表にまさかの敗北。まだ完全にはブレイクしていなかったネイマールも失望を味わうことになった。今回はそのリベンジを果たすチャンスでもあり、何より今回のオリンピックはブラジルで開催される。ネイマールにとっても絶対負けられない戦いだ。

スペイン『MARCA』によると、ネイマールも前回銀メダルに終わった悔しさを覚えているようで、今回は自身の得点で母国に金メダルをもたらすと意気込んでいる。

「願わくばマラカナンで優勝を決める得点を取りたいね。僕たちはまだオリンピックを獲得したことがないブラジルの歴史を作るチャンスを手にしているんだ。前回は銀だった。だから今回は金にしたいんだ」

オリンピックでの金メダル獲得も大きな目標だが、何よりブラジルサッカーの威信を取り戻さなければならない。2年前のブラジルワールドカップでは準決勝でドイツ相手に1-7で敗戦。ネイマールは欠場していたものの、ブラジルに大きな傷を残す敗北になってしまった。

さらに今夏おこなわれたコパ・アメリカ2016でもブラジルはグループステージで敗退。こちらもネイマールは不参加だったが、今ブラジル国民は危機感を抱いていることだろう。今回のオリンピックではエースのネイマールを軸に何としても金メダルが欲しいところで、ネイマールには銀メダルでも許されないプレッシャーがかかっている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月24日(日)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報