ここから本文です

チェルシーのレジェンド・ドログバ、38歳でも衰え知らず フィラデルフィア戦でハットトリック達成

theWORLD(ザ・ワールド) 7月24日(日)19時54分配信

MLSで2シーズン目を迎える

MLS(メジャー・リーグ・サッカー)レギュラーシーズン第20週で、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが所属するモントリオール・インパクトは、フィラデルフィア・ユニオンに5-1で勝利した。ドログバは19分に決めた先制ゴールを皮切りにハットトリックを達成している。

ドログバはアンブロワーズ・オヨンゴのクロスに右足で合わせて先制ゴールを奪うと、42分にイグナシオ・ピアッティのシュートのこぼれ球を押し込んで2点目を奪取、52分にはピアッティの縦パスから冷静にゴールに流し込んでハットトリックを決めた。英『METRO』電子版は、ドログバのゴールを動画で紹介し「チェルシーのレジェンド、ディディエ・ドログバの得点能力はいまだ衰えていない! 38歳のドログバはモントリオール・インパクトでハイクオリティなハットトリックを披露している」と称賛された。

モントリオール・インパクトは今季の対戦成績を7勝8分け5敗としイースタン・カンファレンスで3位につける。ドログバは今シーズン8ゴールを記録し、12ゴールを決めているピアッティに次いで得点を重ねている。

※theWORLDオフィシャルニュースサイトでは、動画をご紹介しています。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月24日(日)19時54分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報