ここから本文です

6回2失点で4勝目のソフトバンク岩嵜「先発として最低限のことはできた」

Full-Count 7/24(日) 21:27配信

工藤監督は若き右腕の好投を評価「2失点で抑えたのは成長」

 埼玉西武との接戦を制したソフトバンク。先発の岩嵜翔は、6回2失点で4勝目を挙げた。自らの投球を振り返り「最初から飛ばしすぎた」と反省しながらも、「先発として最低限のことはできたと思う」と納得した表情を見せた。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 「降板後に、監督から『コントロールを気にして腕が振れなかったんじゃないか』と言われました。自分ではそうは思っていなかったけど、見ている人からそう思われたのなら、そこは修正しないといけない点ですね。ホームランを打たれた球もインコースにいくはずが逆球になったし、感覚的に良くなかった部分もしっかり修正したいと思います」

 火曜日からは週5試合になるため、一度先発を離れることも考えられるが「今は試合で投げることがうれしいので(中継ぎでも先発でも)行けといわれたところで行くだけ」と岩嵜。

 工藤監督は「6回2失点でしょ。良かったと思うよ。しっかり抑えられたのは彼の中での成長。彼のポテンシャルからすれば、もっともっと高いものをもっているはず。これからも磨きをかけてほしいね」と、若き右腕に大きな期待を寄せる。

 先発でも中継ぎでも結果を残し、ここまで19試合で4勝0敗1セーブ。若手の躍進が目立つソフトバンク投手陣の中で、岩崎の存在は日増しに大きくなってきている。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7/24(日) 21:32

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。