ここから本文です

友情の山に咲く 300本のヤマユリが初公開

カナロコ by 神奈川新聞 7月24日(日)7時3分配信

 二宮町立一色小学校(同町百合が丘)裏山の「友情の山」に咲く、県の花・ヤマユリが23日、初めて一般公開された。町内外から多くの来場者が訪れ、深緑の山肌に凜(りん)と咲く白い花々を観賞していた。

 約200メートルの山道の随所に約300本のヤマユリが保存されている。県立フラワーセンター大船植物園によると「県内各地でヤマユリが次々と減っている中で他にも珍しい植生が残る、極めて貴重な群生地」。地域コミュニティーの活性化などを目的に一般公開が決まり、先月11日には地域住民らによる散策路の整備などが行われ、この日に備えてきた。

 祖父らが整えた通路を姉弟と散策した藤沢市立御所見小学校3年の女子生徒(8)は「学校に山があってうらやましい。山道は歩くのが大変だったけれど日陰で涼しかった。ヤマユリは白くてきれいだった」と話していた。

 公開は24、30、31日の午前10時~午後3時(雨天中止)。JR二宮駅北口から神奈中バスで約10分、「団地中央バス停」徒歩約5分。問い合わせは、町地域政策課電話0463(71)3311。

最終更新:7月24日(日)7時3分

カナロコ by 神奈川新聞