ここから本文です

黒澤治樹がスーパーGT参戦100戦を達成。チーム&メルセデス勢が祝福

オートスポーツweb 7月24日(日)0時49分配信

 7月23日、スポーツランドSUGOでスーパーGT第4戦の公式予選が行われたが、その予選後、LEON CVSTOS AMG-GTをドライブする黒澤治樹のGT参戦100戦を祝うパーティがキッズピットウォークで行われた。

【黒澤治樹駆るLEON CVSTOS AMG-GT】

 名ドライバー、黒澤元治さんの息子である治樹は、イギリスF3等に参戦しステップアップを果たし、2002年にはJGTC全日本GT選手権にGT500クラスの綜警マクラーレンで参戦。その後ヴィーマック等を駆りGT300クラスを中心に活躍をみせ、2012年からはメンズファッション誌『LEON』とコラボしたチームでメルセデスベンツを駆り活躍。今季開幕戦岡山では、蒲生尚弥と組んでひさびさの勝利を飾った。

 そんな治樹は、いつもピットウォークでは椅子に座りファンのサインに応じているシーンが印象的だが、この日も同様にキッズピットウォークで子どもたちのサインに応えていた。しかし、突如うしろからクラッカーが。治樹の参戦100戦を祝うサプライズパーティが始まったのだ。

 周囲には同じメルセデスベンツAMG GT3を駆るドライバーたちが詰めかけ、治樹の100戦を祝ったが、「全然気付かなかった!」と本人はかなり驚いていた様子。プレゼントを渡されると、笑顔で受け取った。

「今回100戦ということで、参戦200戦……は達成できるかどうか分かりませんが、これからもがんばります!」と意気込みを語った治樹。今後は“グレーデッド・ドライバー”として、まだまだチームを牽引する存在として活躍をみせてくれそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)0時50分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]