ここから本文です

ロズベルグ、審議の結果は“無罪”。ポールポジション剥奪を免れる

オートスポーツweb 7月24日(日)4時15分配信

 F1ハンガリーGPのスチュワードは、予選Q3におけるダブルイエローフラッグについて、ニコ・ロズベルグはルールに違反していなかったとみなし、ロズベルグのポールポジションが剥奪される可能性はなくなった。

 ロズベルグは、フェルナンド・アロンソのスピンにより出されたイエローに対して十分な減速をしていなかったという疑いにより、スチュワードに召喚されていた。しかし、映像やテレメトリーデータを検証した結果、ロズベルグはターン8の進入で十分にスローダウンしていたことが認められ、おとがめなしの裁定となった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)4時17分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。