ここから本文です

フェルスタッペン「予選でもロズベルグとほぼ同じタイムを出せた計算になる」:レッドブル ハンガリー土曜

オートスポーツweb 7月24日(日)10時33分配信

 2016年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは4位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP ダニエル・リカルド(レッドブル)

 
マックス・フェルスタッペン 予選=4位
 Q3でのことは残念だ。皆がペースを落として走っていたから、(後ろにいた)僕も前に空間を作るためにそうしなければならなかった。自分の2秒か3秒前に他のマシンが走っていたら、ラップタイムを失ってしまう。特に予選ではそんな状況に陥りたくない。
 
 でもラインを横切った時、0.8秒時間が足りなくて、最後のラップに入れなかったのはすごくついてなかった。いずれにしてもイエローフラッグが出たから、タイム更新はできなかっただろうけどね。
 
 すごく難しい予選だったから、4位を確保できたことに満足していいと思う。 
 
 今日のようなコンディションでは少しギャンブル的な要素が加わってきて、自分の持っているポテンシャルすべてを発揮することはできない。僕には予選でもっと上位を獲得できるだけの速さがあった。自分ではそう感じているけれど、今日はそれを発揮できなかった。
 
 決勝ではもっといいパフォーマンスを見せて、メルセデスに近づけると思う。ペースがあるのは間違いないから、すごく面白いレースになるはずだよ。彼らがタイヤのデグラデーションに苦しむようなことがあれば、それはチャンスになる。
 
 FP3ではマシンがすごく快適だった。決勝を同じセットアップで走れれば、いい戦いができると思う。
 
(チェッカーフラッグを受けた後のことについてCrash.netに明かし)チェッカーフラッグを受けた後もプッシュし続けた。どこまでやれるか見てみようと思ったんだ。そしたらセクター1ですぐに0.5秒稼いだ。僕がその前に出していたタイムから0.5秒引いたら、(ポールポジションを獲得した)ニコ(・ロズベルグ)にかなり近いタイムを出せたということになる(注:FP3ではロズベルグから0.002秒差のタイムを記録)。
 
 とはいえ、いずれにしてもイエローフラッグが出たらタイムは更新できなかっただろうけどね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)10時34分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。