ここから本文です

GT300:“ちょい濡れ”ウエットでDL勢躍進。首位プリウス

オートスポーツweb 7月24日(日)10時48分配信

 スーパーGT第4戦は24日、スポーツランドSUGOで決勝前のフリー走行が行われ、GT300クラスは31号車TOYOTA PRIUS apr GTがトップタイムをマークした。

 前日までは曇り空が広がっていたスポーツランドSUGO。決勝日は朝から小雨が降る天候で、路面は濡れた状態となり、ウエット宣言のもと、決勝前最後のセッションがスタートした。

 スタート直後に各車一斉にコースインしていくが、GT500クラスのWedsSport ADVAN RC Fが最終コーナーでコースアウト。マシンはすぐにコースへ復帰したが、クラッシュバリアが動いてしまったため、赤旗が掲示される。

 赤旗は数分で解除され、走行再開となるが、今度はサーキット全体に霧が出て、ライト点灯の指示が出される難しいコンディションとなる。

 途中、シンティアム・アップル・ロータスとGT500のau TOM'S RC Fが交錯する場面や、1コーナーでTAISAN SARD FJ AUDI R8とWAKO’S 4CR RC Fが接触する場面もみられたが、赤旗などは掲示されず。そのままセッションは推移した。

 セッション折り返しの時点では、予選2番手を獲得した31号車TOYOTA PRIUS apr GTの嵯峨宏紀が1分29秒251でトップタイムにつけたが、2番手はGAINER TANAX AMG GT3、3番手はB-MAX NDDP GT-R、4番手はGAINER TANAX GT-RとFIA-GT3勢が続く形となる。

 セッション残り5分を切ろうかというタイミングで、ビヨン・ビルドハイムからステアリングを引き継いだ平中克幸が操るGAINER AMGが1分28秒555でトップに浮上。しかし直後にドライバーを中山雄一に替えた31号車プリウスが0.4秒上回るタイムを記録してみせた。 

 その後は、中山のタイムを更新するマシンは現れずチェッカー。2番手にHitotsuyama Audi R8 LMS、3番手にGAINER AMGと“ちょい濡れ”に強いダンロップタイヤユーザーが上位につけた。また、前日速さをみせたSUBARU BRZ R&D SPORTが11周をこなして4番手、ポールシッターのVivaC 86 MCは土屋武士と松井孝允で計15周を走行し、5番手タイムを記録している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)13時3分

オートスポーツweb