ここから本文です

リカルド「アロンソのスピンを見て怒り狂った。貴重なPPのチャンスだったのに」:レッドブル ハンガリー土曜

オートスポーツweb 7月24日(日)11時9分配信

 2016年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは3位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=3位
 フェルナンド(・アロンソ)がターン9でスピンしているのを見た時には怒り狂った。あの時、ラップタイムをかなり縮めてきていたんだ。ニコ(・ロズベルグの)ポールタイムを聞いて、自分が出せただろうタイムはそれに届いたと思った。(イエローフラッグによって)彼やルイス(・ハミルトン)がどれぐらい影響を受けたのか分からないけれど、僕らは(1分)19秒9よりいいタイムを出せたと思う。 
 
 メルセデスからポールを奪えるチャンスなんてそうそうあるものではないけれど、今日は間違いなくチャンスがあった。それでも、僕らが速かったというのはポジティブな要素だ。ペースがよくて、マシンに満足していた。昨日から満足していたが、今日さらに速さを見つけた。それが明日役立つことを願う。
 
 今日はコンディションが変化し続けていて面白かった。すごく楽しかったよ。最初からコンディションをうまく活用できていたと思う。クレージーな状況だった。アクアプレーニングや水しぶきが起き、ぞっとするようなコンディションで、アドレナリンが出続けていた。その後、あっという間に乾き始め、それに適応してうまくやらなければならなかったけど、最高にクールだったよ。
 
 イエローがなかったら面白いことになっていただろうね。ちょっとがっかりだ。でも僕らはどのコンディションでも強かったから、いい予選だったと思う。どのコンディションでもポールから遠くなかったんだ。
 
 明日のレースは面白くなりそうだ。メルセデスのロングランペースはよさそうだけど、僕らもそれに対抗できる。トップに近い位置からスタートできるから、戦っていく。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)11時10分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]