ここから本文です

ライコネン「タイミングを誤ってQ2敗退。失敗から学ぶしかない」:フェラーリ ハンガリー土曜

オートスポーツweb 7月24日(日)12時8分配信

 2016年F1ハンガリーGPの土曜予選で、フェラーリのキミ・ライコネンは14位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 
■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=14位
 この予選結果にがっかりしている。僕らのマシンは週末を通してよく機能していて、ウエットコンディションでもハンドリングがとてもよかった。それだけにとても残念だ。本来の位置からあまりにも遠い順位だ。
 
 Q2終盤、最後のアタックに出て行き、まずまずのラップを走った。少なくともその時点においてはだけど。でもコンディションが1周ごとに改善していき、路面が速いタイムが出る状態になっていったことで、僕らはQ3に進出できなかった。
 
 理由が何であれ、今日のようなコンディションでは、うまくやるのは簡単ではない。正しいことをしようと務めたが、(それができなかったことの)つけを明日支払うことになる。これほど後方からスタートして、オーバーテイクをしていくのは簡単ではないだろうけど、諦めないよ。速さはあるのだし、ベストを尽くす。何かをかけて戦うことができるはずだ。
 
 あの時点ではラップタイムはよかった。でも30秒後にはもはや十分なタイムではなかった。 
 どんな理由があろうと、今となってはどうすることもできない。こういうことから学習し、次はもっとうまくやるように心がけるしかない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)12時10分

オートスポーツweb